SPONCERD LINK

5月30日放送、『プロフェッショナル 仕事の流儀』に産婦人科医の荻田和秀さんが登場。
荻田さんは医師とジャズピアニストの二つの顔を持つ異例の肩書き。
そんな気になる荻田和秀医師について記事にしたいと思います。

★こちらも読まれてます★

【イッテQ】竹ボクシング祭りを宮川大輔がフィリピンで!海外ロケ芸人の奮闘の結果は?

加藤諒がカツラ【画像あり】を被る理由は?おしゃれイズムで自宅のコレクションを公開!

スポンサーリンク

荻田和秀の高校など経歴は?

ogita01

引用元:https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/383373/

名前:荻田和秀

生年月日:1966年3月1日(現在50歳)

出身地:大阪府

高校:大阪教育大学附属高等学校平野校舎

大学:香川医科大学(現在:香川大学医学部)

職業:産婦人科医(周産期センター産科医療センター長兼産婦人科部長)

 

 

出身高校は偏差値も70以上ある進学校。かなり優秀だったんですね。

しかも大学は医科大学ということでお医者さんを目指していられました。
しかしご本人は学校生活は極めて不真面目だったと回想されてます。
しかも勉学よりはピアノの音楽活動の方に没頭していたとのこと。

でも、ちゃんと医科大学に通って音楽活動もされているということは
両立できるほど優秀だったのではないでしょうか?

在学時も自分の進路をどうしようかと考えていた時に
臨床実習で救急に興味を持ち周産期を選らんだそうです。

その後、大阪大学大学院博士課程まで行き
研究者になろうと思っていた時もあったそうですが、
最終的には産婦人科医師としての道を選び現在に至ってます。

そんな荻田医師は漫画、ドラマ『コウノドリ』のモデルにもなっています。

荻田和秀がコウノドリのモデルになった理由

漫画そしてドラマで話題になった『コウノドリ』ですが、
実は作者の鈴ノ木ユウさんの奥さんが荻田医師の患者として来院

大阪大学病院で働いていた荻田さんが
鈴ノ木さんの奥さんの出産担当となり、
荻田医師のひたむきな仕事ぶりに感動。

それが荻田医師がモデルとなった理由だそうです。
もし奥さんの担当医師が違ってたら『コウノドリ』が
漫画化されることはもしかしたらなかったかもしれないし、
これは運命的な出会いとしか言えませんね!

現在では150万部を越える人気漫画となっており、
主人公の「鴻鳥サクラ」はジャズピアニストの設定。
まさに荻田さんがモデルになった漫画だと言えます。

荻田和秀のジャズピアノの技量は?

若い頃は音楽活動に没頭してた荻田医師ですが、
現在は趣味でジャズピアノをされているそう。

しかし趣味とはいえどんな演奏をされているのだろうか?
と思い調べてみるとピアノを弾くライブ動画がありました。

荻田和秀医師のライブ演奏動画はコチラ

いや普通に上手いんじゃないですか?
趣味とはいえやはり没頭してただけあり
ライブで技量もかなりありましたね。

これはもうジャズピアニストを名乗っても全然不思議じゃないですね。

おわりに

産婦人科医でジャズピアニストの荻田和秀医師が

プロフェッショナル仕事の流儀に登場します。

荻田さんの仕事への情熱ぶりが見られると思いますので楽しみですね^^
最後までご覧いただきありがとうございました!

★こちらも読まれてます★

【イッテQ】竹ボクシング祭りを宮川大輔がフィリピンで!海外ロケ芸人の奮闘の結果は?

加藤諒がカツラ【画像あり】を被る理由は?おしゃれイズムで自宅のコレクションを公開!