SPONCERD LINK

 

2016年のノーベル賞が発表され

東工大栄誉教授の大隅良典さん

医学生理学賞を受賞されました!

これで日本人の受賞者は25人目。

 

研究の成果としては

細胞内にたまる不要なたんぱく質が

原因で発症すると言われている

パーキンソン病やアルツハイマー病の

予防や治療に役立つ可能性が高く

評価されて受賞に至ったようです。

 

そんな大隅良典さんの出身高校大学

出版中の書籍についての記事です。

スポンサーリンク

ノーベル賞・大隅良典の経歴プロフィール

 

oosumi01

引用元:http://scienceportal.jst.go.jp/news

 

 

名前:大隅良典(おおすみ よしのり)

生年月日:1945年2月9日の現在71歳

出身地:福岡県福岡市

出身高校:福岡県立福岡高等学校

出身大学:東京大学教養学部卒業

 

父は九州大学の工学部教授で

幼少時から自然科学の本を愛読。

 

影響を受けた人物の書籍は、

八杉龍一の『生きものの歴史』

マイケル・ファラデーの『ろうそくの科学』

三宅泰雄の『空気の発見』

 

日本・海外の偉大な科学者達の名著が

子どもの頃の愛読書とは…

まさに科学のために生まれた方ですね!

 

東京大学を卒業後は同大学の大学院を

単位満期取得で中退

アメリカへの留学や研究員を経て

1977年から東京大学理学部助手。

 

現在は東京工業大学の

フロンティア研究機構にて

特任教授を務めておられます。

 

妻は同じ研究者 大隅典子?

大隅良典さんについて調べると

『大隅良典 大隅典子』と出ます。

奥様か娘さん?と思いきや

苗字が同じだけで家族・親戚の方ではありません

 

大隅典子さんの画像↓↓↓

oosumi02

引用元:https://ja.wikipedia.org

 

とはいえ

大隅典子さんは日本の神経科学者

東北大学大学院医学系研究科教授

として現在活躍されております。

 

アカデミックな世界という共通点

あるようですね!

 

ちなみに大隅良典さんの奥様の名前は

「万理子」さんで夫婦でご一緒に

研究をされてるそうですよ!

 

今回のノーベル賞受賞は妻である

万理子さんも本当に喜ばれてることでしょう!

 

大隅良典の本・書籍も知りたい!]

 

大隅良典さんの出版されている

本・書籍についてですが

やはりご自身の研究分野である

分子細胞生物学などの研究について

記されているものを見つけました。

 

【送料無料】 酵母のすべて 系統,細胞から分子まで / 大隅良典 【単行本】

 

また共著や海外の書籍を訳してるなど

研究の幅広さが伺えます。

 

また今回のノーベル生理医学賞に関して

文献としては「オートファジー」が参考に。

生命をささえる細胞の自己分解システムを解説。

現在amazon、楽天でかなり売れているので

書籍が気になる方はぜひリンクからご参考下さい↓↓↓

 

 

 

最後に

 

今回ノーベル医学生理学賞を受賞した

大隅良典さんについてまとめてみました。

やはり世の中に貢献される日本人の方が

世界に認められると嬉しいですよね!

 

これからさらに注目されるであろう

大隅良典さんには研究もますます

頑張っていただきたいですね。

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。